たえのは!ブログ

-ひと・まち・えいが- 多摩映画好き仲間
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/8四日目
    0

      JUGEMテーマ:映画

      『カラブリア』
      監督:ピエール=フランソワ・ソーテ/スイス/2016/117分
      狭い霊柩車内に3台のカメラ、監督が横たわって撮影したそうな。しかも予定なしのぶっつけ、なのに豊かな人生と愛、過ぎゆく時間、緊迫感漂うリアルな二人の会話が楽しい。
      ★★★★★

      『ニンホアの家』
      監督:フィリップ・ヴィトマン/ドイツ/2016/108分
      ベトナム戦争で離散した三世代家族の記憶が痛ましい。
      ★★★★

       

      『ノカス』
      監督:マヌエル・アルベルト・マイア/インドネシア/2016/76分
      持参金など家同士の「結婚」事情に文化の違い?日本でも田舎はこうなんじゃない。お互い貧しいのに面子ばかり。でもお頑張ってね、おシヤワセに。
      ★★★★

       

      『被ばく牛と生きる(インターナショナル版)』
      監督:松原保/日本/2016/98分
      原発への怒りが爆発する。 日本版より7分短く英語ナレータが入り、外国への配慮、間を少なくしたせいかストレートに伝わる。
      ★★★★★

      カメラ撮影する松原監督

      | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/7三日目
      0

        『自我との奇妙な恋』
        監督:エスター・グールド/オランダ/2015/91分
        姉が自殺した体験を似た境遇の別の女性に当てはめて描く。まるで劇映画のように映像が美しい。誰でも願うものになれるという自信が現実に直面して壊れていく。生きづらさが切ない。
        ★★★


        『FUKUSHIMA』

        監督:佐藤千穂、ルカ・リュ/フランス/2017/58分
        フランス在住の監督が実家に戻って見えない放射能の怖さを多方向から探る。フランスからの視点だからこそ見えるものもある。福島の今が丹念に描かれていてとても伝わる。
        ★★★★★

         

        『Life 生きてゆく』

        監督:笠井千晶/日本/2017/115分
        津波と原発の被災者に静かに寄り添ってその後の生活が丁寧。
        ★★★★

         

        『激情の時』
        監督:ジョアン・モレイラ・サレスブラジル/2017/127分
        映像のチカラを改めて知らしめる編集が素晴らしい。
        ★★★★

        JUGEMテーマ:映画

        | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/6二日目
        0

          JUGEMテーマ:映画

          『私はあなたのニグロではない』
          監督:ラウル・ペック/アメリカ、フランス、ベルギー、スイス/2016/93分
          かつてない差別告発に胸を打つ、アメリカ人が心から向き合わない限り彼らの苦しみは続く。ハリウッド映画を散りばめながらわかりやすく秀作
          ★★★★★

          『また一年』
          監督:朱声仄(ジュー・ションゾー) /中国/2016/181分
          3時間、据え置きカメラで超長回し、とてつもなく退屈かと思いきゃ、徐々に細部の変化があぶり出されて、心地よく時が流れていく。家族が愛おしく懐かしい
          ★★★★

           

          『願いと揺らぎ』監督:我妻和樹/日本/2017/146分
          被災があったにしろ、面倒くさい人間関係、人の想いを丹念に追う普遍性が感じられた。★★★★

           

          『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』監督:チョン・ユンソク/韓国/2017/119分
          ついていけないくらいバカバカしく騒々しい音楽。でも国家保安で逮捕から俄然ドキュメンタリーに。
          ★★★

          | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 03:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/5開会式
          0

            JUGEMテーマ:映画

            山形交響楽団によるオープニング演奏があるのですね。

             

            この日の映画は、松本俊夫監督追悼によるオープニング上映作品だけ。
            『西陣』1961/35mm/26分
            『銀輪』1955/35mm/10分
            『つぶれかかった右眼のために1968/16mm(三面マルチ上映)/13分
            実験的な作品はかなり衝撃的、感覚で見るんでしょうね。
            3台の映写機で一つのスクリーンに映し出す効果は滅多に見られない。

            | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            キネマ旬報ベスト・テン2016
            0

              JUGEMテーマ:映画

               

              「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」受賞結果を10日発表!

              デビッドランクより日本映画5本、外国映画6本がベスト10入り。
              ともに1位をランクしていて5割以上ベスト10入りには満足しています。
              文化映画トップは「ふたりの桃源郷」。
              2月25日2017EARTH VISION 多摩 映画会にて2回上映されます。


              「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」
              [日本映画]     
              1         この世界の片隅に
              2         シン・ゴジラ
              3         淵に立つ
              4         ディストラクション・ベイビーズ
              5         永い言い訳
              6         リップヴァンウィンクルの花嫁
              7         湯を沸かすほどの熱い愛
              8         クリーピー 偽りの隣人
              9         オーバー・フェンス
              10         怒り

              [外国映画]     
              1         ハドソン川の奇跡
              2         キャロル
              3         ブリッジ・オブ・スパイ
              4         トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
              5         山河ノスタルジア
              6         サウルの息子
              7         スポットライト 世紀のスクープ
              8         イレブン・ミニッツ
              9         ブルックリン
              10         ルーム

              [文化映画]     
              1         ふたりの桃源郷
              2         あるアトリエの100年
              3         五島のトラさん
              4         表現に力ありや ―「水俣」プロデューサー、語る―
              5         クワイ河に虹をかけた男
              6         鍛金 ―玉川宣夫のわざ―
              7         さとにきたらええやん
              8         名塩雁皮紙 〜谷野剛惟のわざ〜
              9         氷の花火 山口小夜子
              10         不思議なクニの憲法

              | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2016年度新作映画ベスト10
              0

                新宿ゴールデン街「談SINGシネマ」映画大賞ベスト10に提出したランキングです。
                (対象は2015年12月〜2016年11月に公開された映画)
                今年は、邦画103本、洋画91本を観ました。日本、外国、ジャンル問わずなんでも観る。

                シネコンからミニシアター系へ変移。話題作は欠かさずに、実話系が好物。

                いつもキネ旬ランクを意識しつつ選択しています。(昨年は邦画4本、洋画1本がベスト10入り)
                来年もいい映画を観られますように。
                 

                [日本映画]
                順位 公開日
                1 7/29 シン・ゴジラ
                  標準、IMAX、MX4Dで3回観た。庵野のお陰で未知の領域に
                2 11/12 この世界の片隅に
                  原作の素晴らしさもあるけど空爆の映像美は圧巻
                3 9/17 怒り
                  何と言っても最後まで引き込まれる俳優陣の演技力
                4 4/29 ちはやふる -下の句-
                  面白くて華麗、主役を食うライバル(松岡茉優)出現にワクワク
                5 5/28 ヒメアノ〜ル
                  意外な展開と理不尽さに唖然、タイトル出るタイミングは絶妙
                6 10/8 淵に立つ
                  得体の知れない怖さ、秘密に怯える姿(古舘寛治)が新鮮
                7 10/29 湯を沸かすほどの熱い愛
                  親子愛と気弱娘(杉咲花)の勇気、母親の元気にすがすがしさ
                8 7/2 第九条
                  全編密室劇、若手俳優の熱演と監督手腕でわかりやすく
                9 6/25 日本で一番悪い奴ら
                  驚愕の実話をスピーディに小気味よく描ききる
                10 6/11 64-ロクヨン-後編
                  ラストの犯人(緒方直人)表情が凄まじく忘れられない

                 

                [外国映画]
                順位 公開日
                1 1/23 サウルの息子
                  収容所の混乱を背景にした最後の人間らしさに感動
                2 4/8 ルーム
                  息詰まる脱出劇と開放されたその後の生活に涙
                3 7/22 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
                  今年一番涙した、ハリウッドがこんなに本を大事にするとは
                4 11/12 弁護人
                  国家権力に立ち向かう高卒弁護士の勇気に敬服
                5 1/8 ブリッジ・オブ・スパイ
                  ロシアスパイの仕草、風貌、佇まいがたまらない 
                6 11/26 ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
                  実体験さながらの圧倒的演技、社会に立ち向かう尊厳
                7 10/8 人間の値打ち
                  幾つかのエピソードを違和感なく紡ぎ、人の弱さ、哀しさを描く
                8 9/17 エル・クラン
                  こんなの許されるの、追い詰められる家族と国家の闇を知る
                9 9/24 ハドソン川の奇跡
                  知られざるその後のエピソードは奇跡でなくまさに真相だ
                10 8/19 イレブン・ミニッツ
                  緻密に計算された伏線と展開に仰天、天才的な職人芸

                 

                [観た映画のなかで今年印象に残った俳優たちに感謝] ★秀逸
                宮崎あおい:世界から猫が消えたなら、★怒り、バースデーカード
                リリー・フランキー:シェル・コレクタ、海よりもまだ深く、二重生活、★SCOOP!、聖の青春
                広瀬すず:★ちはやふるシリーズ、四月は君の嘘、怒り
                土屋太鳳:orange、★青空エール、金メダル男

                菅田将暉:ディストラクション・ベイビーズ、ニ重生活、セトウツミ、何者、

                デスノート、★溺れるナイフ

                濱田 岳:杉原千畝、信長協奏曲、世界から猫が消えたなら、殿、利息でござる、

                ヒメアノ〜ル、★グッドモーニングショー

                 

                | qDVDp♪デビッド | qDVDp♪デビッドの映画評 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                キネマ旬報ベスト・テン2015
                0
                  JUGEMテーマ:映画
                  「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン」受賞結果を発表!

                  デビッドランクより日本映画4本、外国映画1本がベスト10入り。
                  外国映画は1位こそ同期したものの昨年3本に比べかなり少なかった。
                  なにより残念なのはベスト10から8本も観てなかったこと、なんとも悔しい。

                  「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン」
                  [日本映画]
                  1 恋人たち
                  2 野火
                  3 ハッピーアワー
                  4 海街diary
                  5 岸辺の旅
                  6 GONIN サーガ
                  7 この国の空
                  8 ソロモンの偽証 前篇・事件 後編・裁判
                  9 母と暮せば
                  10 きみはいい子
                  ローリング
                  [外国映画]
                  1 マッドマックス 怒りのデス・ロード
                  2 アメリカン・スナイパー
                  3 アンジェリカの微笑み
                  4 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
                  5 黒衣の刺客
                  6 神々のたそがれ
                  7 セッション
                  8 雪の轍
                  9 インヒアレント・ヴァイス
                  10 おみおくりの作法

                   
                  | qDVDp♪デビッド | qDVDp♪デビッドの映画評 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  2015年度映画ベスト10
                  0
                    JUGEMテーマ:映画
                    昨年より参加している新宿ゴールデン街「談SINGシネマ」映画大賞ベスト10に提出したランキングです。
                    (対象は2014年12月〜2015年11月に観た映画)
                    今年は、イオンシネマチャンピオン参加もあって邦画79本、洋画79本を観ました。
                    普段は100本くらいですのでかなり忙しく観まくった印象、いつもキネ旬ランクを意識しつつ選択しています。
                    (昨年は邦画4本、洋画3本がベスト10入り)
                    因みに
                    2014年度「談SINGシネマ」映画大賞ベスト10は、
                    26名の投票により決定。
                    邦画部門のベスト1は、2位に大差を付けて『そこのみにて光輝く』。
                    洋画部門は、圧倒的なベスト1ではなく、
                    『ジャージー・ボーイズ』『ゼロ・グラビティ』『インターステラー』が3作同点1位という混戦状態。

                    来年もいい映画を観られますように。
                    皆さま良いお年をお迎えくださいませ。
                     
                    [日本映画]
                    順位 公開日
                    1 9/12 天空の蜂
                      原発テロの脅威と政府混乱、緊迫感増す演出は一級品
                    2 5/23 イニシエーション・ラブ
                      映像マジックが圧巻、何度も観たくなる小気味よさ
                    3 8/8 この国の空
                      戦争の時代に年頃になった女性の切実さがいじらしい
                    4 6/27 きみはいい子
                      すべてが哀しく、池脇が抱きしめる優しさが胸を打つ
                    5 6/13 海街diary
                      広瀬すずの可愛さ全開、姉妹をとりまく鎌倉の情景
                    6 11/7 起終点駅 ターミナル
                      笑顔ばかりでない本田翼の新境地。
                    7 1/31 映画 深夜食堂
                      誰もが暖かく包み込まれる雰囲気がたまらない
                    8 3/7,4/11 ソロモンの偽証 前篇・事件 後編・裁判
                      長丁場だけどエピソードわけて効果を最大限盛り上げた
                    9 5/1 映画 ビリギャル
                      わかりやすいキャラが秀逸、努力は期待を裏切らない?
                    10 5/9 脳内ポイズンベリー
                      女性の脳内構造をビジュアル化
                    [外国映画]
                    順位 公開日
                    1 6/20 マッドマックス 怒りのデス・ロード
                    文句なく面白い、練りに練ったアクションに衝撃
                    2 4/25 シンデレラ 
                    色彩が素晴らしい、ディズニー本領発揮
                    3 5/16 国際市場で逢いましょう
                    韓国らしい叙情たっぷりの家族愛に感謝いっぱい
                    4 7/4 フレンチアルプスで起きたこと
                    世の父親に痛烈な風刺、誰でも起こりえる事件
                    5 4/18 ザ・トライブ
                    観たことない知られざる世界を強烈に表現
                    6 10/24 アクトレス〜女たちの舞台〜
                    映画ってここまで出来るんだ、美しく繊細で深い
                    7 10/10 マイ・インターン
                    成熟した男はハンカチを2枚持つ、デ・ニーロ上手
                    8 1/24 ANNIE/アニー
                    楽しくって、夢があって、味がある
                    9 4/4 間奏曲はパリで
                    大人のゆとりあるちょっとした出会い
                    10 11/6 エベレスト 3D 
                    極限に挑んだ撮影に敬意
                    | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    映画/ドラマ/CD/CMランキング2015
                    0
                      JUGEMテーマ:映画
                      ====2015年度映画興収ベスト20====
                      (興行収入の単位は億円、興行通信社調べ)
                      1位 95.0 ジュラシック・ワールド
                      2位 91.6 ベイマックス
                      3位 78.0 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
                      4位 58.5 バケモノの子
                      5位 57.2 シンデレラ
                      6位 52.1 ミニオンズ
                      7位 51.2 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
                      8位 46.7 HERO
                      9位 44.8 名探偵コナン 業火の向日葵
                      10位 40.3 インサイド・ヘッド
                      11位 39.3 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記
                      12位 37.2 劇場版 ドラゴンボールZ 復活の「F」
                      13位 34.4 ワイルド・スピード SKY MISSION
                      14位 32.5 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
                      15位 32.0 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
                      16位 28.4 映画 ビリギャル
                      17位 27.7 映画 暗殺教室
                      18位 27.4 ターミネーター:新起動/ジェニシス
                      19位 26.6 ラブライブ!The School Idol Movie ※
                      20位 26.2 BORUTO −NARUTO THE MOVIE−
                      ・2015年正月映画から2015年11月公開までの作品が対象
                      ・興収値はあくまで興行通信社推定値。見込み成績含む

                      ====2015年 ドラマ視聴率ランキング TOP20====
                      「Audience Rating TV」調べ
                      1位 18.54%    下町ロケット    
                      2位 14.94%    天皇の料理番    
                      3位 14.82%    アイムホーム    
                      4位 14.47%    花咲舞が黙ってない    
                      5位 14.38%    DOCTORS3    
                      6位 14.26%    ○○妻    
                      7位 13.41%    銭の戦争    
                      8位 12.73%    Dr.倫太郎    
                      9位 12.55%    ようこそ、わが家へ    
                      10位 12.54%    デート    
                      11位 12.17%    偽装の夫婦    
                      12位 11.73%    5→9    
                      13位 11.55%    デスノート    
                      14位 11.46%    コウノドリ    
                      15位 10.77%    遺産争族    
                      16位 10.74%    恋仲    
                      17位 10.42%    ウロボロス    
                      18位 10.31%    流星ワゴン    
                      19位 9.78%    掟上今日子の備忘録    
                      20位 9.34%    問題のあるレストラン    
                      ・対象期間:1月〜12月
                      ・対象番組:NHKを除く民放ドラマ。
                      ・連続ドラマ、シリーズもの等は平均視聴率を採用
                      因みにNHK朝ドラ最高視聴率は
                      27.2% 12/04あさが来た
                      25.0% 03/20マッサン
                      22.7% 04/07まれ

                      ====2015年 CDシングル年間ランキング TOP10====
                      * オリコン調べ、推定累積売上数の単位は万枚
                      1位    178.3    AKB48「僕たちは戦わない
                      2位    132.8    AKB48「ハロウィン・ナイト」
                      3位    104.5    AKB48「Green Flash」
                      4位     90.6    AKB48「唇にBe My Baby」
                      5位     70.2    SKE48「コケティッシュ渋滞中」
                      6位     68.7    乃木坂46「今、話したい誰かがいる」
                      7位     67.9    乃木坂46「太陽ノック」
                      8位     62.1    乃木坂46「命は美しい」
                      9位     57.2    嵐「青空の下、キミのとなり」
                      10位     53.1    NMB48「Don't look back !」

                      ====2015年度 銘柄別CM好感度TOP10 (全7591銘柄)====
                      史上最高の CM 好感度! KDDI / au が年間総合 No.1
                      * CM総合研究所調べ
                      総合順位(前年順位) 広告主名 銘柄名 代表作品名
                      1(2)KDDI/au あたらしい英雄
                      2(1)ソフトバンク/SoftBank 白戸家「お父さん回想する」
                      3(217)健康コーポレーション/ RIZAP つ ぎ つ ぎ と!  イ キ イ キ と!
                      4(?)ダイハツ/ WAKE WAKE 兄弟 ゴルフ
                      5(3)トヨタ/ TOYOTOWNキャンペーン のび太とジャイ子の娘
                      6(8)トライ家庭教師のトライ 聞かない人々 100日前
                      7(5)コカ・コーラ/ジョージア 「世界は誰かの仕事でできている。」大工
                      8(13)日清食品/カップヌードル SA M U R AI
                      9(4) NTTドコモ/NTT DOCOMO 料金「得ダネを追え! 家族まとめて割2」
                      10(10)サントリー食品/ボス 宇宙人ジョーンズシリーズ「プレミアム京都」
                      2015 年度のCM展開:1977 社 7591 銘柄 15902 作品(東京キー 5 局)
                      ・集計期間:2014年11月〜2015年10月
                      ・関東一都六県在住の一般モニター男女 3000 人より集計
                      ・前年順位は発表当時のもの。前年順位の(?)は前年度にオンエアがなかった銘柄
                       
                      | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      イオン劇場チャンピオン
                      0
                        JUGEMテーマ:映画

                        全国のイオンシネマで劇場ごとに「映画鑑賞回数」をもとにチャンピオンを決定し、さらにその中から全国チャンピオンを選出しようという初のイベント「シネ マチャンピオン選手権」が開催され、劇場チャンピオン表彰状と賞品6回無料鑑賞券が届きました。あと1本で全国9位にランクされましたが満足しています。
                        キャンペーン期間内(2015/4/24〜6/30鑑賞分が対象)

                        シネマチャンピオンおよび各劇場チャンピオンのランキング最終結果
                        http://www.aeoncinema.com/cinema/event/2015/l4/Vcms4_00011904.html
                        | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        <たえのは>メンバーは常時募集中デス♪

                        ☆<たえのは>からのお知らせ☆
                        「EARTH VISION多摩」は、2005年から「自然との共生」をテーマにした映画を上映しています。 2019年2月16日パルテノン多摩にて15年目の映画会を開催しました。
                        「アースビジョン多摩」のボランティアスタッフ募集中!
                        企画・上映作品選定などから当日の運営まで、ご一緒に活動してくださるボランティアスタッフを募集しています。すばらしい機会と出会いを体験しましよう!
                        お問合せはこちらまで

                        映画と話そう@TAMA

                        ★映画と話そう@TAMA 実績
                        2018/7#16『カンパイ!世界が恋する日本酒』
                        2017/12#15高橋愼二監督『破片のきらめき〜特別編』
                        2017/6#14安原伸監督『昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−』
                        16/10/29#13宮本正樹監督『第九条』
                        16/9/24#12アン・ヘリョン(安海龍)監督
                        『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』
                        16/8/27#11石原貴洋監督『大阪蛇道』
                        16/7/30#10佐野和宏監督&寺脇研プロデューサー
                        『バット・オンリー・ラヴ』
                        16/6/25#9中田統一監督『大阪ストーリー』
                        16/5/28#8小森はるか+瀬尾夏美『波のした、土のうえ』
                        16/4/23#7石井那王貴監督&細沼孝之監督『特撮怪獣映画』
                        15/10/24#6『聖者たちの食卓』+カレー食事シェア会
                        15/9/26#5森田惠子監督『小さな町の小さな映画館』
                        15/1/24#4田中トシノリ監督『スーパーローカルヒーロー』
                        14/11/15#3早川由美子監督『さようならUR』
                        14/10/11#2小野さやか監督『アヒルの子』
                        14/9/13#1本田孝義監督『山陽西小学校ロック教室』


                        終了した企画
                        ★『うまれる ずっと、いっしょ。』 ↓クリック↓


                        チケットぴあ 映画のチケットならローチケ.com
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        映画になった戦慄の実話 vol.4
                        映画になった戦慄の実話 vol.4 (JUGEMレビュー »)
                        鉄人ノンフィクション編集部
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        海街diary (小学館文庫)
                        海街diary (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                        高瀬 ゆのか,吉田 秋生,是枝 裕和
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        愛を積むひと (小学館文庫)
                        愛を積むひと (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                        豊田 美加,朝原 雄三,福田 卓郎
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
                        死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版 (JUGEMレビュー »)
                        スティーヴン・ジェイ シュナイダー
                                
                        + CATEGORIES
                        + PROFILE
                        + PR