たえのは!ブログ

-ひと・まち・えいが- 多摩映画好き仲間
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『LOVE@辺野古@高江』上映会
    0
      okiban

      米軍兵隊の新基地建設計画が持ち上がって15年。
      辺野古の海には、いまだに杭一本打たれていない。
      当初の計画を断念させた2004年の座り込み。
      辺野古への基地建設をあきらめない日米両政府に対し、今日も座り込み…
      基地との闘い観て、知ってください。
      『LOVE@辺野古@高江』上映会
      8月11日(土)永山公民館ベルブホール
      1回目  11:00〜12:50 
      2回目  13:30〜15:20 
      15:20〜16:10 影山あさ子監督トーク
      3回目  17:00〜18:50 

      チケット料金
      当日  1200円 
      前売り 1000円
      ※当日券は、残席がある場合のみ販売
      ※全席自由・各回入替制・上映回指定なし
      ※影山あさ子監督トークはチケット提示で入場可
      ※上映中止以外での払戻不可

      ★インターネット予約
      詳細はこちらから → http://taenoha.com/tamaheiwa

      主催: 多摩平和イベント実行委員会、協力: たえのは
      お問合せ: TEL: 080-6783-1434 / E-mail: tamaheiwa@gmail.com
       
      | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「カンタ!ティモール」上映会
      0
         ◆7月29日(日) 
          17:00〜18:50  「カンタ!ティモール」
          18:50〜19:30  広田奈津子監督トーク
        canta
        ◆パルテノン多摩 小ホール(定員300名、入場無料、先着順)

        多摩市平和展の一環として上映される映画、「カンタ!ティモール」。
        「カンタ!」とは「歌え!」という意味。
        歌によって後の世代に思いを託し続けていく東ティモールの人々。
        だが、日々の暮らしの中に歌が根付いた彼らの明るい笑顔やのびやかな
        歌声の裏には、1999年までの24年間で人口の3分の1を失うほどの
        政治弾圧をうけた歴史があった。
        しかし彼らはその思いを憎しみと暴力につなげない。
        「自分たちが傷つけられても、傷つける側にはならない」。
        人間の尊厳を、若き日本人、広田奈津子が捉えた珠玉の監督デビュー作。

        映画公式サイト
        http://www.canta-timor.com/

        主催:多摩市・多摩市平和展市民会議
        JUGEMテーマ:映画
        | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        復興支援チャリティ映画会 「エクレールお菓子放浪記」
        0
           社会福祉協議会からのお知らせです。

          東日本大震災復興支援チャリティ映画会
          「エクレールお菓子放浪記」
          eku私たちがかつて経 験したことがない未曾有の大災害から1年が過ぎました。大震災は大きな爪痕と試練を私たち突きつけましたが、私たちはこの苦難に立ち向かい互いに強く支え 合いながら希望を決して失わないことの大切さを改めて感じています。被災前の宮城県石巻市を舞台に撮影された「エクレール・お菓子放浪記」は、3年かけて 制作、東京で完成披露試写会が行われた翌日に東日本大震災が起き、エキストラで出演した地元住民の中には命を落とした方々もいます。この作品では、両親と 死別して孤児となった少年が、お菓子への憧れを抱きつつさまざまな人との出会いや別れを経験しながら戦中、戦後をたくましく生き抜いていく姿が描かれてい ます。なにもない時代の中で懸命に生きた少年の姿を重ねながら、被災地の一日も早い復興への願いを込めてこの作品を多くの方にご覧いただきたいと思いま す。本上映による収益の一部は、東日本大震災の被災地に寄付いたします。多くの皆様のご来場をお待ちしています。
          ⇒映画公式HP
          http://www.eclair-okashi.com/


          ■開催日時 2012年3月27日(火曜日)3回上映
           11:0014:0018:30(受付は各回ともに30分前から)
          各回完全入替制(各定員198名)
          全編字幕・副音声ガイドつき

          ■開催場所 永山公民館5階ベルブホール(小田急・京王永山駅下車徒歩5分)
          ■チケット料金
          前売券 一般 ¥1000 高校生以下 ¥800 
          (障がい者の方、介助者の方は前売・当日券ともに¥800 要障害者手帳提示)
           当日券 一般 ¥1,500 高校生以下 ¥1,000
          ※チケットは時間指定制となっています。予めご確認の上ご購入願います。
          ⇒その他、詳細は
          http://www.tamashakyo.jp/volu/

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          JUGEMテーマ:映画
          | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『かすかな光へ』上映会
          0
             [第7回地域ふれあいフォーラムTAMA]内
            kasuka森康行監督ドキュメンタリー映画
            『かすかな光へ』/多摩市上映会
            93歳の教育研究者、大田堯さんが、
            生きるとは、学ぶとは、教育についての夢を語ります.
            ■開催日時 2012年1月29日(日曜日)
             ★ 第1回上映 11:00〜12:30(開場10:30)
             ☆ 森監督トーク 12:45〜13:45(開場12:30)*映画の鑑賞券で参加可
             ★ 第2回上映 14:15〜15:45(開場13:45)
            ■開催場所 関戸公民館ヴィータホール
             京王線・聖蹟桜ヶ丘センター駅下車
             多摩市関戸4-72 ヴィータ・コミューネ8F
             http://www.city.tama.lg.jp/bunka/45/873/10488/index.html
            ■前売券 一般 ¥1000
             当日券 一般 ¥1200  高校生以下 ¥500(前売・当日共通)
             各回入替制、全席自由
            ■ 森康行監督ト−ク「見果てぬ夢を見つづけて」 *映画の鑑賞券で参加可
            ■上映作品の詳細、チケットの前売申込・問合せは
             ⇒ 080(5437)1302[NT映画・妹尾]
             ⇒ 042-376-7651[子ども劇場・柴田]
            ◆メールでも前売り受け付けます。
             1/ 28(土)中にメールいただければ、当日清算で受付にチケット用意させていただきます。
            携帯メール smrs0203-muramatsu@docomo.ne.jp
            =======================================================
            ≪『かすかな光へ』キネマ旬報2011年度ベストテン【第8位】に!!≫
            日本で最も古い歴史を誇る映画雑誌「キネマ旬報」が毎年ベストテンを選出。
            2011年度のベスト・テンで85回目を数えます。なお、今回ベストテン詳細は、
            2月4日発売の『キネマ旬報2月下旬決算特別号』誌上にて発表されます。
             http://www.kinejun.com/kinejun/85/tabid/250/Default.aspx

            JUGEMテーマ:映画

            | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            映画「森聞き」上映(恵泉祭2011) 
            0
              映画「森聞き」上映

              moriki2011年11月5日(土)(1)11:00〜13:30、(2)14:00〜16:30
              2011年11月6日(日)(1)10:30〜13:00、(2)13:30〜16:00
              ※開場は上映開始30分前、入れ替え式で上映
              恵泉祭2011 
              ■場所:  恵泉女学園大学C棟301教室
              アクセス 

              ■料金
              大人=前売1,000円、当日1300円
              学生=前売・当日500円
              ※メールによるチケット予約により、前売料金でご覧になれます。

              ■問合せ
              映画「森聞き」上映実行委員会@恵泉祭
              morikiki_keisen@yahoo.co.jp

              ※上記のアドレスで、前売りチケットの予約ができます。
              お名前・ご連絡先・ご購入枚数・ご希望の上映回(あれば)を
              ご明記の上、お気軽にご連絡ください。お待ちしております。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
              <<映画の内容>>
              4人の"街"に暮らす高校生が、4人の"山"で暮らすおじいちゃん・おばあちゃん、
              森の名人たちに取材をする――その取材を見つめたドキュメンタリー映画です。

              「何か、今、世界が変わる時期に来ている気がする・・・」
              高校生は時代の空気を敏感に感じ取り、漠然とした将来への不安や生き苦しさを
              抱えています。進学や就職、今まさに人生の岐路に立つ高校生4人を追い、
              世代を超えた一対一の交流を見つめました。

              高校生が、
              山を焼いて畑を耕すおばあちゃんに、
              杉の木によじ登って枝を落とすおじいちゃんに、
              「仕事」について話を聞きます。
              そんな暮らしが日本にあることすら想像していなかった高校生たちは、
              年老いた名人の言葉に揺さぶられていきます。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
              <<企画者からのメッセージ>>
              この映画が撮影された当時高校3年だった私は、
              恵泉女学園大学で国際社会学科に進学し、
              日中関係を中心に国際社会の仕組みや歴史、国家間関係について学んでいます。
              そのかたわら、聞き書き甲子園をきっかけに
              NPO法人共存の森ネットワークで地域づくりの活動に参加しています。
              名人たちの生きる社会で、名人の仕事から暮らしの部分に視点を変え、
              地域の方々から直接お話を聞き、"街"で生きる私たちの暮らしと"
              山"の暮らしの繋がりのカタチを模索しています。
              同年代の仲間や、地域の方々と一緒に活動する中で、
              ライフスタイルは多種多様であること、
              会社勤め以外の生き方も「アリ」なのだということを、
              頭ではなく感覚的に知りました。
              そしてなにより、人の話を「聞く」こと。他人が話す「言葉」を受け止めることで、
              自分が変わっていくことに日々驚きを感じていました。
              自分の大学で上映することで、
              同じ世代の人々が自分の生き方について考えるきっかけになればと思います。

              ================================

              | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ミーアキャット
              0
                mia 
                熱く乾燥したアフリカの砂漠地帯に生息する「ミーアキャット」。
                後ろ足と尾で立ち上がるユニークな姿勢は有名、これは周りを監視したり、日光浴をする時のポーズです。
                何匹ものミーアキャットがみんな同じ方向を向いて、太陽に向かっておなかをあたためています。
                彼らが家族や仲間とどのようにつながり、多くの危険と隣り合わせの砂漠で必死に生きているかを、
                「ディープブルー」「アース」を製作したチームが、最新技術と膨大な期間を費やして完成させた、
                小さなアフリカのヒーローを追った感動のドキュメンタリー。
                彼らの絆が生きる喜びを教えてくれる。
                日本語版ナレーション:演出家・三谷幸喜
                《動物園水族館》協会推薦!
                第21回東京映画祭アースグランプリ特別賞受賞!

                「ミーアキャット」(83分)は、
                いよいよ今日2月13日(土)パルテノン多摩で上映です!!

                2010 EARTH VISION 多摩〜自然との共生〜
                地球環境映像祭 優秀作品 映画会
                2月13日(土)  東京都多摩市・パルテノン多摩
                 「EARTH VISION 地球環境映像祭」の入賞作品や、「生物多様性」をテーマに製作された最近の話題作を上映。
                野生動物保護と里山保全の専門家による特別レクチャーも開催します。
                ■上映作品
                  小さなアフリカのヒーロー「ミーアキャット」
                  アカデミー受賞「つみきのいえ」
                 「映像詩 里山−森と人 響きあう命」
                 「サンゴが消える日」−造礁職人金城浩二の挑戦−
                ■ 特別レクチャー「動物園と生物多様性」
                  講師:多摩動物公園野生生物保全センター 下川優紀
                ■ お話「多摩の里山」
                  講師:なな山緑地の会 相田幸一
                ■上映作品の詳細は
                 ⇒ http://taenoha.com/ev
                | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                つみきのいえ
                0
                  短編アニメーション「つみきのいえ」、 
                   水に囲まれつみきを積んだような部屋でひとりの老人が暮らしている。水没している階下にパイプを落とした彼は、それを拾うためにもぐり、それぞれの部屋に刻まれた家族の思い出にめぐりあう。いまはいない妻、娘、なつかしい人々の大切な記憶が静かなタッチで描かれ、純度の高い心にしみる作品となった。地球温暖化のテーマも秘められている。
                  第81回アカデミー賞 短編アニメ賞
                  フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭 アヌシー・クリスタル賞(最高賞)、こども審査員賞
                  第12回広島国際アニメーションフェスティバル ヒロシマ賞、観客賞
                  第12回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞
                  この他にも、国内外10の映画祭で14の賞を受賞
                  予告編
                  http://www.youtube.com/watch?v=D99H0-iP9oA

                  「つみきのいえ」(12分)は、
                  いよいよ2月13日(土)パルテノン多摩で
                  13:00と15:40の2回上映です!!
                  ---------------------------------------------------------
                  2010 EARTH VISION 多摩〜自然との共生〜
                  地球環境映像祭 優秀作品 映画会
                  2月13日(土)  東京都多摩市・パルテノン多摩
                   「EARTH VISION 地球環境映像祭」の入賞作品や、「生物多様性」をテーマに製作された最近の話題作を上映。
                  野生動物保護と里山保全の専門家による特別レクチャーも開催します。
                  ■上映作品
                    小さなアフリカのヒーロー「ミーアキャット」
                    アカデミー受賞「つみきのいえ」
                   「映像詩 里山−森と人 響きあう命」
                   「サンゴが消える日」−造礁職人金城浩二の挑戦−
                  ■ 特別レクチャー「動物園と生物多様性」
                    講師:多摩動物公園野生生物保全センター 下川優紀
                  ■ お話「多摩の里山」
                    講師:なな山緑地の会 相田幸一
                  ■上映作品の詳細は
                   ⇒ http://taenoha.com/ev
                  | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  映像詩 里山−森と人 響きあう命
                  0
                    sato2 

                    日本独特の自然と、その自然とうまく調和して暮らす人々の姿を斬新な映像感覚で描く「映像詩・里山」の森をテーマにした「森と人 響きあう命」。

                    滋賀県北部にはクヌギ、コナラだけでも2万本と言われる広大な森があり、何百年に渡って人々が利用してきた。かつては薪を採り炭を作っていた森では、現在はシイタケが栽培されている。
                     
                    はるか悠久の時を超えて森が存続してきた背景には、ある秘密=知恵が隠されている。伐採の際、人々は必ず切り株を残しておく。すると、そこから“ひこばえ” と呼ばれる若い芽が勢いよく萌え出し、20年ほどで再び利用できるようになる。繰り返し伐採されたクヌギは、根元が大きく変形し、地元で“やまおやじ”と呼ばれる、大きなウロの開いた独特な姿となる。そのウロには小鳥やヒキガエル、ミツバチなど多くの生きものが住みつく。夏になると、甘い樹液にカブトムシが群がり、メスをめぐって大決闘が始まる。森はまたシイタケや木の実、蜂蜜と、四季折々、人々に豊かな恵みをもたらしてきた。

                    加古隆氏のオリジナル曲とともに、人と生きものとの深い結びつきを詩情豊かに描き出していく。

                    「映像詩 里山−森と人 響きあう命」(49分)は、
                    お話「多摩の里山」(20分)と共にいよいよ2月13日(土)パルテノン多摩で公開です。
                    ---------------------------------------------------------
                    2010 EARTH VISION 多摩〜自然との共生〜
                    地球環境映像祭 優秀作品 映画会
                    2月13日(土)  東京都多摩市・パルテノン多摩
                     「EARTH VISION 地球環境映像祭」の入賞作品や、「生物多様性」をテーマに製作された最近の話題作を上映。野生動物保護と里山保全の専門家による特別レクチャーも開催します。
                    ■上映作品
                      小さなアフリカのヒーロー「ミーアキャット」
                      アカデミー受賞「つみきのいえ」
                     「映像詩 里山−森と人 響きあう命」
                     「サンゴが消える日」−造礁職人金城浩二の挑戦−
                    ■ 特別レクチャー「動物園と生物多様性」
                      講師:多摩動物公園野生生物保全センター 下川優紀
                    ■ お話「多摩の里山」
                      講師:なな山緑地の会 相田幸一
                    ■上映作品の詳細は
                     ⇒ http://taenoha.com/ev
                    | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ぶんぶん通信上映会+鎌仲ひとみ講演
                    0
                      bunbun

                      「ぶんぶん通信No,1&No,2」上映会+鎌仲ひとみ講演
                      多摩市では初上映。
                      「六ヶ所村ラプソディー」の鎌仲ひとみ監督の最新ドキュメンタリー「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデオレターです。いわば映画の卵のようなもの。
                      山口県祝島とスウェーデンの撮影を中心に新作で描こうとしている今まさに起きている現実を、なるべくリアルタイムで報告します。  
                      12月27日(日) 永山公民館4F 視聴覚室
                      上映スケジュール(2回上映)
                      〈上映1部〉
                      ぶんぶん通信No,1    9:30〜10:40
                      ぶんぶん通信No,2   10:45〜11:48
                      〈上映2部〉
                      ぶんぶん通信No,1    12:30〜13:40
                      ぶんぶん通信No,2    13:45〜14:48
                      鎌仲ひとみ監督講演  15:00〜15:45
                      「持続可能な未来を求めて〜新しいエネルギーで暮らすスウェーデンは今〜」
                      主催:永山エコクラブ

                      上映会詳細 はこちらからどうぞ
                      | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      2つの上映会
                      0
                        [シネマ&トークのひととき]
                        10月3日(土)永山公民館(ベルブ永山)多目的ホール
                        15:30〜ドキュメンタリー映画「永山ウーマンライフ」上映
                        16:30〜トーク「多摩ニュータウンを語ろう」
                        横倉舜三(多摩ニュータウンタイムズ社主)と地域の方
                        主催:ニュータウンの映画を見る会
                        共催:多摩ニュータウンタイムズ 後援:日本映画学校
                        連絡先:多摩ニュータウンタイムズ TEL042-374-8588
                        ------------------------------------------------------
                        [多摩市民「九条の会」5周年 映画と講演のつどい]
                        10月4日(日)関戸公民館 ヴィータホール
                        ドキュメンタリー映画「未決・沖縄戦」(DVD)上映
                           1回目10:35 2回目13:05
                        講演:太平洋戦争における沖縄戦について
                        講師:山田 朗さん(明治大学教授)  14:40〜16:40ごろ
                        参加費:映画のみ300円 映画と講演 500円  
                          (高校生以下と障がい者の方は無料)
                        連絡先:多摩市民「九条の会」 tama9-jo@hotmail.co.jp
                        | qDVDp♪デビッド | 多摩周辺映画情報 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        <たえのは>メンバーは常時募集中デス♪

                        ☆<たえのは>からのお知らせ☆
                        「EARTH VISION多摩」は、2005年から「自然との共生」をテーマにした映画を上映しています。 2019年2月16日パルテノン多摩にて15年目の映画会を開催しました。
                        「アースビジョン多摩」のボランティアスタッフ募集中!
                        企画・上映作品選定などから当日の運営まで、ご一緒に活動してくださるボランティアスタッフを募集しています。すばらしい機会と出会いを体験しましよう!
                        お問合せはこちらまで

                        映画と話そう@TAMA

                        ★映画と話そう@TAMA 実績
                        2018/7#16『カンパイ!世界が恋する日本酒』
                        2017/12#15高橋愼二監督『破片のきらめき〜特別編』
                        2017/6#14安原伸監督『昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−』
                        16/10/29#13宮本正樹監督『第九条』
                        16/9/24#12アン・ヘリョン(安海龍)監督
                        『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』
                        16/8/27#11石原貴洋監督『大阪蛇道』
                        16/7/30#10佐野和宏監督&寺脇研プロデューサー
                        『バット・オンリー・ラヴ』
                        16/6/25#9中田統一監督『大阪ストーリー』
                        16/5/28#8小森はるか+瀬尾夏美『波のした、土のうえ』
                        16/4/23#7石井那王貴監督&細沼孝之監督『特撮怪獣映画』
                        15/10/24#6『聖者たちの食卓』+カレー食事シェア会
                        15/9/26#5森田惠子監督『小さな町の小さな映画館』
                        15/1/24#4田中トシノリ監督『スーパーローカルヒーロー』
                        14/11/15#3早川由美子監督『さようならUR』
                        14/10/11#2小野さやか監督『アヒルの子』
                        14/9/13#1本田孝義監督『山陽西小学校ロック教室』


                        終了した企画
                        ★『うまれる ずっと、いっしょ。』 ↓クリック↓


                        チケットぴあ 映画のチケットならローチケ.com
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        映画になった戦慄の実話 vol.4
                        映画になった戦慄の実話 vol.4 (JUGEMレビュー »)
                        鉄人ノンフィクション編集部
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        海街diary (小学館文庫)
                        海街diary (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                        高瀬 ゆのか,吉田 秋生,是枝 裕和
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        愛を積むひと (小学館文庫)
                        愛を積むひと (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                        豊田 美加,朝原 雄三,福田 卓郎
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
                        死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版 (JUGEMレビュー »)
                        スティーヴン・ジェイ シュナイダー
                                
                        + CATEGORIES
                        + PROFILE
                        + PR