たえのは!ブログ

-ひと・まち・えいが- 多摩映画好き仲間
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/11七日目
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    『イン・カメラ』審査員作品
    監督:ランジャン・パリット/インド/2010/84分
    撮影監督、監督、プロデューサーとして35年以上のキャリア。
    たんたんと過去の映像を繰り広げる。

     

    『これが私の好きなやり方2』審査員作品
    監督:イグナシオ・アグエロ/チリ/91分
    映画とは何かと問い続けるが、子どもがスクリーンを見つめる表情を長回し撮影で全てを語る。

     

    『表現に力ありや 「水俣」プロデューサー、語る』クロージング作品
    監督:井上実、片岡希/日本/2016/Blu-ray/100分
    戦後記録映画の頂点として海外の映画人にも知られる故・土本典昭監督の水俣シリーズ。
    プロデューサーを務めた高木隆太郎ほかの葛藤がスゴイ。

     

    『表彰式』

    満点をつけた『私はあなたのニグロではない』監督:ラウル・ペック
    が優秀賞を受賞してうれしい。
    12日は、受賞作品一挙上映、時間的に見逃した作品が3本観られるのはありがたい。

     

    http://www.yidff.jp/2017/2017.html#award

    | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/10六日目
    0

      JUGEMテーマ:映画

       

      『ドンキー・ホーテ』
      監督:チコ・ペレイラ/スペイン、ドイツ、イギリス/2017/86分
      この映画祭では珍しくロバと犬が脇役に登場、その表情や仕草ががとても愛らしい。動物と自然を完璧な映像で紡ぎ出す。質素な生活を送る73歳の男はインディアンを敬う監督の叔父さん。自由で気ままに人生を謳歌する。
      ★★★★

       

      『オラとニコデムの家』
      監督:アンナ・ザメツカ/ポーランド/2016/72分
      酒飲みの父親と自閉症の13歳の弟、離れて暮らす母親。この家族の面倒を見る14歳の少女がいじらしい。どうしょうもない暗闇のなか、なんとか光があたらないか願いをこめながら少女の奮闘を静かに見つめる。
      ★★★★

       

      『機械』
      監督:ラーフル・ジャイン/インド、ドイツ、フィンランド/2016/71分
      日給300円で長時間、劣悪な環境で絶望的に働く労働者たちを執拗に追うカメラがスゴイ。監督は前席の真ん中で観てほしいと訴えた。というよりもこの不条理はあまりにも過酷。

      ★★★★

       

      『ファソ・ファニのサイレン』
      監督:ミシェル・K・ゾンゴ/ブルキナファソ、フランス、カタール/2014/90分

      途中退場

       

      『スタートライン』
      監督:今村彩子/日本/2016/112分/バリアフリー日本語字幕付き
      生まれつき耳が聞こえない監督が厳しく叱咤する自転車店員のカメラ協力を得て沖縄から北海道までの自転車旅行。コミュニケーションとるのも目的の一つだったがなかなか会話に入れない。でもこれは誰もが思うちょっとした勇気なのよ。多くの出合いを巻き込んでだんだん成長し、楽しいロードムービーに仕上がっている。
      ★★★★★

      | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/9五日目
      0

        JUGEMテーマ:映画

        『カーキ色の記憶』
        監督:アルフォーズ・タンジュール/カタール/2016/108分
        独裁政治によって永い抑圧的な世界を4人が切実に静かに語る。その間を印象的な美しい映像で癒やす。語られる言葉のひとつひとつがこんな事が起こりうるのか、なんとも傷ましい。
        ★★★★

         

        『世界一と言われた映画館 〜酒田グリーン・ハウス証言集〜』
        監督:佐藤広一/日本/2017/67分
        酒田にかって世界一デラックスな映画(シネコンの先取り)があった。名付けたのは淀川長治。1976年酒田大火の火元となり封印された複雑な事情にもかかわらず、関係者9人がそれぞれの想いを語る。驚きとともに黄金期洋画と映画館への愛がいっぱい。その懐かしさに涙がいっぱい。この日が初上映、これから全国上映、公開を目指す。
        ★★★★★

         

        『孤独な存在』
        監督:沙青(シャー・チン/中国/2016/77分
        人との触れ合いを一切拒み、カメラで淡々とただひたすらに自己と周囲を観察する。あまりに過酷なので観るものには辛い。
        ★★★

         

        『大統領帰還 マダガスカルクーデターその後』
        監督:ロッテ・ミク・マイヤー/マダガスカル、南アフリカ、フランス、デンマーク/2017/78分
        クーデターによって祖国マダガスカルクに戻れない前大統領の奮闘を描く。フランスの影、アフリカ連合 (AU) や南部アフリカ開発共同体 (SADC) などの国際機構が複雑に絡み合う。軍部によるあからさまな圧力に憤りを覚える。
        ★★★★

        | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/8四日目
        0

          JUGEMテーマ:映画

          『カラブリア』
          監督:ピエール=フランソワ・ソーテ/スイス/2016/117分
          狭い霊柩車内に3台のカメラ、監督が横たわって撮影したそうな。しかも予定なしのぶっつけ、なのに豊かな人生と愛、過ぎゆく時間、緊迫感漂うリアルな二人の会話が楽しい。
          ★★★★★

          『ニンホアの家』
          監督:フィリップ・ヴィトマン/ドイツ/2016/108分
          ベトナム戦争で離散した三世代家族の記憶が痛ましい。
          ★★★★

           

          『ノカス』
          監督:マヌエル・アルベルト・マイア/インドネシア/2016/76分
          持参金など家同士の「結婚」事情に文化の違い?日本でも田舎はこうなんじゃない。お互い貧しいのに面子ばかり。でもお頑張ってね、おシヤワセに。
          ★★★★

           

          『被ばく牛と生きる(インターナショナル版)』
          監督:松原保/日本/2016/98分
          原発への怒りが爆発する。 日本版より7分短く英語ナレータが入り、外国への配慮、間を少なくしたせいかストレートに伝わる。
          ★★★★★

          カメラ撮影する松原監督

          | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/7三日目
          0

            『自我との奇妙な恋』
            監督:エスター・グールド/オランダ/2015/91分
            姉が自殺した体験を似た境遇の別の女性に当てはめて描く。まるで劇映画のように映像が美しい。誰でも願うものになれるという自信が現実に直面して壊れていく。生きづらさが切ない。
            ★★★


            『FUKUSHIMA』

            監督:佐藤千穂、ルカ・リュ/フランス/2017/58分
            フランス在住の監督が実家に戻って見えない放射能の怖さを多方向から探る。フランスからの視点だからこそ見えるものもある。福島の今が丹念に描かれていてとても伝わる。
            ★★★★★

             

            『Life 生きてゆく』

            監督:笠井千晶/日本/2017/115分
            津波と原発の被災者に静かに寄り添ってその後の生活が丁寧。
            ★★★★

             

            『激情の時』
            監督:ジョアン・モレイラ・サレスブラジル/2017/127分
            映像のチカラを改めて知らしめる編集が素晴らしい。
            ★★★★

            JUGEMテーマ:映画

            | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/6二日目
            0

              JUGEMテーマ:映画

              『私はあなたのニグロではない』
              監督:ラウル・ペック/アメリカ、フランス、ベルギー、スイス/2016/93分
              かつてない差別告発に胸を打つ、アメリカ人が心から向き合わない限り彼らの苦しみは続く。ハリウッド映画を散りばめながらわかりやすく秀作
              ★★★★★

              『また一年』
              監督:朱声仄(ジュー・ションゾー) /中国/2016/181分
              3時間、据え置きカメラで超長回し、とてつもなく退屈かと思いきゃ、徐々に細部の変化があぶり出されて、心地よく時が流れていく。家族が愛おしく懐かしい
              ★★★★

               

              『願いと揺らぎ』監督:我妻和樹/日本/2017/146分
              被災があったにしろ、面倒くさい人間関係、人の想いを丹念に追う普遍性が感じられた。★★★★

               

              『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』監督:チョン・ユンソク/韓国/2017/119分
              ついていけないくらいバカバカしく騒々しい音楽。でも国家保安で逮捕から俄然ドキュメンタリーに。
              ★★★

              | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 03:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/5開会式
              0

                JUGEMテーマ:映画

                山形交響楽団によるオープニング演奏があるのですね。

                 

                この日の映画は、松本俊夫監督追悼によるオープニング上映作品だけ。
                『西陣』1961/35mm/26分
                『銀輪』1955/35mm/10分
                『つぶれかかった右眼のために1968/16mm(三面マルチ上映)/13分
                実験的な作品はかなり衝撃的、感覚で見るんでしょうね。
                3台の映写機で一つのスクリーンに映し出す効果は滅多に見られない。

                | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                〈EARTH VISION多摩〉ボランティアスタッフ募集チラシ
                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  〈たえのは〉が共催している〈EARTH VISION多摩〉のボランティアスタッフ募集チラシです。
                  9月末ころ市内周辺に配布されます。

                   

                   

                   

                   

                   

                  | たえのは事務局 | 事務局より | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  激音!伊福部昭
                  0

                    JUGEMテーマ:映画

                    映画音楽の夕べ Vol.1★激音!伊福部昭★
                    かつて、映画音楽の巨人は楽団員にこう告げた。
                    「映画の中では、皆、死に物狂いで戦っています。
                    ですから、皆さんも、命の限り演奏して下さい」
                    ならば、ぽくたちも命懸けで聴こうじゃないか。
                    さあ、にぎりこぶしの用意はいいか?ー

                    日時:10月6日(金)
                    会場:調布・文化会館たづくり 8階映像シアター
                    入場無料 定員先着100人

                    開場 17:45
                    第壱部 18:00〜18:50
                    休憩 18:50〜19:00
                    第弐部 19:00〜19:55
                    休憩 19:55〜20:05
                    第参部 20:05〜21:00
                    終了後、希望者で映画音楽を語り合いましょう。

                    映画音楽・ 作品一覧
                    01『ゴジラ』1954年(昭和29年)
                    02 『空の大怪獣ラドン』1956年(昭和31年)
                    03『地球防衛軍』1957年(昭和32年)
                    04『大怪獣バラン』1958年(昭和33年)
                    05『宇宙大戦争』1959年(昭和34年)
                    06『キングコング対ゴジラ』1962年(昭和37年)
                    07『海底軍艦』1963年(昭和38年)
                    08『モスラ対ゴジラ』1964年(昭和39年)
                    09『宇宙大怪獣ドゴラ』1964年(昭和39年)
                    10『三大怪獣地球最大の決戦』1964年(昭和39年)
                    11 『フランケンシュタイン対地底怪獣」1965年(昭和40年)
                    12 『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』1966年(昭和41年)
                    13『怪獣大戦争』1965年(昭和40年)
                    14『キングコングの逆襲』1967年(昭和42年)
                    15『怪獣総進撃』1968年(昭和43年)
                    16『緯度0大作戦』1969年(昭和44年)
                    17 『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』1970年(昭和45年)
                    18『地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン』1972年(昭和47年)
                    19『メカゴジラの逆襲』1975年(昭和50年)
                    20『ゴジラvsキングギドラ』1991年(平成3年)
                    21『ゴジラvsモスラ』1992年(平成4年)
                    22『ゴジラvsメカゴジラ』1993年(平成5年)

                    お問合せ:調布アカデミー倶楽部 182academy2@gmail.com (090-8571-6141 内田)

                    | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    あなたの大切な映画は何ですか? vol.2
                    0

                      JUGEMテーマ:映画

                      多摩市に縁の深い人の大切な映画を紹介、上映するパルテノン企画の第2弾。

                      あなたの大切な映画は何ですか?
                      誰にでもある、心地よい映画。ココロを動かす映画。人生を少し変えた映画。
                      どうして、その映画がいいのか。
                      そこには、自分自身の過去と未来が関係していると思う。
                      その映画を知ることによって、その人を知ることができるように思う。

                      多摩市長 阿部裕行さんには大切な映画がある。

                      「ボクたちはあなたを知りたい」


                      上映作品は当日までヒミツです。
                      どんな作品が上映されるのか、ぜひ想像してみてください!

                       
                      開催日:2017年07月19日 (水)
                      時間
                      18時開場 18時45分開演 19時ごろ上映開始 21時ごろ上映終了 21時40分閉場 
                      ※18時45分からオープニングトーク 多摩市長 阿部裕行さんが登場します! 
                      ※ロビーカフェ
                        パルテノン多摩5Fのトレーノ・ノッテよりドリンク[アルコール・ソフトドリンク]+軽食の販売 
                      ※上映終了後、ロビーにてアフタートークあり。 
                      場所
                      小ホール
                      料金
                      【当日券】500円
                      ※全席自由
                      ※未就学児不可
                      ※客席での飲食はできません。ご飲食はロビーでお願いいたします。
                       
                      主催:公益財団法人多摩市文化振興財団
                      | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      <たえのは>メンバーは常時募集中デス♪

                      ☆<たえのは>からのお知らせ☆
                      「EARTH VISION多摩」は、2005年から「自然との共生」をテーマにした映画を上映しています。 2019年2月16日パルテノン多摩にて15年目の映画会を開催します。
                      「アースビジョン多摩」のボランティアスタッフ募集中!
                      企画・上映作品選定などから当日の運営まで、ご一緒に活動してくださるボランティアスタッフを募集しています。すばらしい機会と出会いを体験しましよう!
                      お問合せはこちらまで

                      映画と話そう@TAMA

                      ★映画と話そう@TAMA 実績
                      2018/7#16『カンパイ!世界が恋する日本酒』
                      2017/12#15高橋愼二監督『破片のきらめき〜特別編』
                      2017/6#14安原伸監督『昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−』
                      16/10/29#13宮本正樹監督『第九条』
                      16/9/24#12アン・ヘリョン(安海龍)監督
                      『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』
                      16/8/27#11石原貴洋監督『大阪蛇道』
                      16/7/30#10佐野和宏監督&寺脇研プロデューサー
                      『バット・オンリー・ラヴ』
                      16/6/25#9中田統一監督『大阪ストーリー』
                      16/5/28#8小森はるか+瀬尾夏美『波のした、土のうえ』
                      16/4/23#7石井那王貴監督&細沼孝之監督『特撮怪獣映画』
                      15/10/24#6『聖者たちの食卓』+カレー食事シェア会
                      15/9/26#5森田惠子監督『小さな町の小さな映画館』
                      15/1/24#4田中トシノリ監督『スーパーローカルヒーロー』
                      14/11/15#3早川由美子監督『さようならUR』
                      14/10/11#2小野さやか監督『アヒルの子』
                      14/9/13#1本田孝義監督『山陽西小学校ロック教室』


                      終了した企画
                      ★『うまれる ずっと、いっしょ。』 ↓クリック↓


                      チケットぴあ 映画のチケットならローチケ.com
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      映画になった戦慄の実話 vol.4
                      映画になった戦慄の実話 vol.4 (JUGEMレビュー »)
                      鉄人ノンフィクション編集部
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      海街diary (小学館文庫)
                      海街diary (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                      高瀬 ゆのか,吉田 秋生,是枝 裕和
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      愛を積むひと (小学館文庫)
                      愛を積むひと (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                      豊田 美加,朝原 雄三,福田 卓郎
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
                      死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版 (JUGEMレビュー »)
                      スティーヴン・ジェイ シュナイダー
                              
                      + CATEGORIES
                      + PROFILE
                      + PR