たえのは!ブログ

-ひと・まち・えいが- 多摩映画好き仲間
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/7三日目
0

    『自我との奇妙な恋』
    監督:エスター・グールド/オランダ/2015/91分
    姉が自殺した体験を似た境遇の別の女性に当てはめて描く。まるで劇映画のように映像が美しい。誰でも願うものになれるという自信が現実に直面して壊れていく。生きづらさが切ない。
    ★★★


    『FUKUSHIMA』

    監督:佐藤千穂、ルカ・リュ/フランス/2017/58分
    フランス在住の監督が実家に戻って見えない放射能の怖さを多方向から探る。フランスからの視点だからこそ見えるものもある。福島の今が丹念に描かれていてとても伝わる。
    ★★★★★

     

    『Life 生きてゆく』

    監督:笠井千晶/日本/2017/115分
    津波と原発の被災者に静かに寄り添ってその後の生活が丁寧。
    ★★★★

     

    『激情の時』
    監督:ジョアン・モレイラ・サレスブラジル/2017/127分
    映像のチカラを改めて知らしめる編集が素晴らしい。
    ★★★★

    JUGEMテーマ:映画

    | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/6二日目
    0

      JUGEMテーマ:映画

      『私はあなたのニグロではない』
      監督:ラウル・ペック/アメリカ、フランス、ベルギー、スイス/2016/93分
      かつてない差別告発に胸を打つ、アメリカ人が心から向き合わない限り彼らの苦しみは続く。ハリウッド映画を散りばめながらわかりやすく秀作
      ★★★★★

      『また一年』
      監督:朱声仄(ジュー・ションゾー) /中国/2016/181分
      3時間、据え置きカメラで超長回し、とてつもなく退屈かと思いきゃ、徐々に細部の変化があぶり出されて、心地よく時が流れていく。家族が愛おしく懐かしい
      ★★★★

       

      『願いと揺らぎ』監督:我妻和樹/日本/2017/146分
      被災があったにしろ、面倒くさい人間関係、人の想いを丹念に追う普遍性が感じられた。★★★★

       

      『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』監督:チョン・ユンソク/韓国/2017/119分
      ついていけないくらいバカバカしく騒々しい音楽。でも国家保安で逮捕から俄然ドキュメンタリーに。
      ★★★

      | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 03:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 10/5開会式
      0

        JUGEMテーマ:映画

        山形交響楽団によるオープニング演奏があるのですね。

         

        この日の映画は、松本俊夫監督追悼によるオープニング上映作品だけ。
        『西陣』1961/35mm/26分
        『銀輪』1955/35mm/10分
        『つぶれかかった右眼のために1968/16mm(三面マルチ上映)/13分
        実験的な作品はかなり衝撃的、感覚で見るんでしょうね。
        3台の映写機で一つのスクリーンに映し出す効果は滅多に見られない。

        | たえのは事務局 | qDVDp♪デビッドの映画評 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        〈EARTH VISION多摩〉ボランティアスタッフ募集チラシ
        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          〈たえのは〉が共催している〈EARTH VISION多摩〉のボランティアスタッフ募集チラシです。
          9月末ころ市内周辺に配布されます。

           

           

           

           

           

          | たえのは事務局 | 事務局より | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          激音!伊福部昭
          0

            JUGEMテーマ:映画

            映画音楽の夕べ Vol.1★激音!伊福部昭★
            かつて、映画音楽の巨人は楽団員にこう告げた。
            「映画の中では、皆、死に物狂いで戦っています。
            ですから、皆さんも、命の限り演奏して下さい」
            ならば、ぽくたちも命懸けで聴こうじゃないか。
            さあ、にぎりこぶしの用意はいいか?ー

            日時:10月6日(金)
            会場:調布・文化会館たづくり 8階映像シアター
            入場無料 定員先着100人

            開場 17:45
            第壱部 18:00〜18:50
            休憩 18:50〜19:00
            第弐部 19:00〜19:55
            休憩 19:55〜20:05
            第参部 20:05〜21:00
            終了後、希望者で映画音楽を語り合いましょう。

            映画音楽・ 作品一覧
            01『ゴジラ』1954年(昭和29年)
            02 『空の大怪獣ラドン』1956年(昭和31年)
            03『地球防衛軍』1957年(昭和32年)
            04『大怪獣バラン』1958年(昭和33年)
            05『宇宙大戦争』1959年(昭和34年)
            06『キングコング対ゴジラ』1962年(昭和37年)
            07『海底軍艦』1963年(昭和38年)
            08『モスラ対ゴジラ』1964年(昭和39年)
            09『宇宙大怪獣ドゴラ』1964年(昭和39年)
            10『三大怪獣地球最大の決戦』1964年(昭和39年)
            11 『フランケンシュタイン対地底怪獣」1965年(昭和40年)
            12 『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』1966年(昭和41年)
            13『怪獣大戦争』1965年(昭和40年)
            14『キングコングの逆襲』1967年(昭和42年)
            15『怪獣総進撃』1968年(昭和43年)
            16『緯度0大作戦』1969年(昭和44年)
            17 『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』1970年(昭和45年)
            18『地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン』1972年(昭和47年)
            19『メカゴジラの逆襲』1975年(昭和50年)
            20『ゴジラvsキングギドラ』1991年(平成3年)
            21『ゴジラvsモスラ』1992年(平成4年)
            22『ゴジラvsメカゴジラ』1993年(平成5年)

            お問合せ:調布アカデミー倶楽部 182academy2@gmail.com (090-8571-6141 内田)

            | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あなたの大切な映画は何ですか? vol.2
            0

              JUGEMテーマ:映画

              多摩市に縁の深い人の大切な映画を紹介、上映するパルテノン企画の第2弾。

              あなたの大切な映画は何ですか?
              誰にでもある、心地よい映画。ココロを動かす映画。人生を少し変えた映画。
              どうして、その映画がいいのか。
              そこには、自分自身の過去と未来が関係していると思う。
              その映画を知ることによって、その人を知ることができるように思う。

              多摩市長 阿部裕行さんには大切な映画がある。

              「ボクたちはあなたを知りたい」


              上映作品は当日までヒミツです。
              どんな作品が上映されるのか、ぜひ想像してみてください!

               
              開催日:2017年07月19日 (水)
              時間
              18時開場 18時45分開演 19時ごろ上映開始 21時ごろ上映終了 21時40分閉場 
              ※18時45分からオープニングトーク 多摩市長 阿部裕行さんが登場します! 
              ※ロビーカフェ
                パルテノン多摩5Fのトレーノ・ノッテよりドリンク[アルコール・ソフトドリンク]+軽食の販売 
              ※上映終了後、ロビーにてアフタートークあり。 
              場所
              小ホール
              料金
              【当日券】500円
              ※全席自由
              ※未就学児不可
              ※客席での飲食はできません。ご飲食はロビーでお願いいたします。
               
              主催:公益財団法人多摩市文化振興財団
              | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              映画と話そう@TAMA「昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−」
              0

                JUGEMテーマ:映画

                14回目の「映画と話そう@TAMA」は、

                昭和と共に生きてきた栗林白岳氏を追った長編ドキュメンタリー「昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−」

                はじめ安原伸監督3作品を上映。また「えび天」「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」「シネマ秘宝館」など

                伝説の監督をお迎えして懇親会を行います。

                 

                『明治天皇宇宙の旅』(1988年)

                神戸大学特殊撮影研究同好会自主製作映画。

                第3回国民文化祭映像部門大賞受賞。

                狭い地球には飽き足らなくなった明治天皇は忠臣である乃木希典に命じ宇宙船を製作、宇宙の旅に出発した。

                8mm特撮SFスペースオペラの金字塔?!

                 

                『昭和の残照』(2017年)

                「明治天皇宇宙の旅」は、かって特撮ファンのメッカだった伊丹映画祭でグリーンリボン大賞を受賞した。

                映画のメーキングと当時の受賞風景、「ゴジラ」本多猪四郎監督ほか懐かしく貴重な映像。

                 

                『昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−』(2016

                栗林氏は栃木県那須町に、15,000点に及ぶ戦争関連の展示「戦争博物館」と称する施設を設立し館長を務めています。

                また毎年東京で軍歌・軍楽・軍装の一大イベントを催しています。これは旧帝國陸海軍の軍楽隊コンサートとして始められたイベントで、

                形を変えながら2016年現在まで続いています。

                一般的には「終戦記念日に靖国神社に乃木大将の軍装で現れる人」として有名です。

                さて氏の生き様から「日本」は見えてくるのでしょうか?「昭和」は見えてくるのでしょうか?

                 

                「昭和九十年」は 2017年5月21日時点で配給が決定しておらず一般公開・ソフトウエア発売時期も未定です。

                この上映会は先行試写のようなものとお考え下さい。もし本作が配給されなければ、

                鑑賞できる数少ない機会となります。

                 

                ●開催日;:6月24日(土)

                ●会場::シネマカフェバー・モンキーランド

                多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)

                詳細地図 http://taenoha.com/monkmap.html

                ●スケジュール 開場15分前

                15:00- 「明治天皇宇宙の旅」(16分)

                15:20- 「昭和の残照」(6分)

                15:30- 「昭和九十年 - 栗林白岳かく戦えり -」(82分)

                17:00-  懇親会(約1時間)

                ●入場料¥1,000懇親会¥1,500(1ドリンク軽食付き)(定員20名)

                ■主催:たえのは 

                  映画会の詳細、ご予約はコチラ http://taenoha.com/

                または 050-5891-1977(たえのは事務局)

                | たえのは事務局 | 事務局より | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                僕たちの秘密基地 あなたの大切な映画は何ですか?
                0

                  JUGEMテーマ:映画

                  パルテノン多摩の上映会

                  あなたの大切な映画は何ですか?
                  誰にでもある、心地よい映画。ココロを動かす映画。人生を少し変えた映画。
                  どうして、その映画がいいのか。
                  そこには、自分自身の過去と未来が関係していると思う。
                  その映画を知ることによって、その人を知ることができるように思う。

                  京王多摩センター駅長 武田さんには大切な映画がある。

                  「ボクたちはあなたを知りたい」


                  上映作品は当日までヒミツです。
                  どんな作品が上映されるのか、ぜひ想像してみてください!
                  このページの下の方にヒントがあります。

                   
                  開催日
                  2017年06月02日 (金)
                  時間
                  18時開場 18時45分開演 19時ごろ上映開始 21時ごろ上映終了 21時40閉場 
                  ※18時45分からオープニングトーク 京王多摩センター駅長 武田さんが登場します! 
                  ※ロビーカフェ(パルテノン多摩5Fのトレーノ・ノッテよりドリンク[アルコール・ソフトドリンク]+フードの販売) 
                  ※上映終了後、ロビーにてアフタートークあり。 
                  場所
                  小ホール
                  料金
                  【当日券】500円
                  ※全席自由
                  ※未就学児不可
                  ※客席での飲食はできません。ご飲食はロビーでお願いいたします。
                  前売券の販売はいたしません。上映当日に2F総合案内でお買い求めください。
                  チケット
                  取り扱い

                  photo
                  主催:公益財団法人多摩市文化振興財団
                  協力:瀧口寿彦(多摩市在住Movie & Commercial Director)

                  スクリーンからおいしそうな香りが漂ってきて、心がぽかぽか温かくなる映画です。

                  この映画との出逢いは、静かなカフェでゆったりコーヒーを飲むことが好きだった私に
                  友人が薦めてくれたことがきっかけです。

                  駅も、この映画に出てくる「○○○○○○○」のような心地よさを提供できる存在になりたい、
                  と思いながら現在も仕事をしています。

                  日常生活に追われ、周りが見えなくなったときにぜひ観ていただきたい映画です。
                  観終わった時に、大きく深呼吸をしたくなる爽やかな作品です。

                  京王多摩センター駅長
                  武田 阿沙美

                  | たえのは事務局 | 多摩周辺映画情報 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  EARTH VISION 多摩 映画会「生命の誕生〜絶滅危惧種日本メダカの発生〜」
                  0

                    2月25日パルテノン多摩で開催のEARTH VISION 多摩 映画会にて上映します。

                    多摩市での上映は初めて。
                    入場無料、全席自由、出入り自由、途中の入れ替えなし。
                    映画会の詳細 ⇒ http://taenoha.com/ev

                    ●生命の誕生〜絶滅危惧種日本メダカの発生〜
                    映像計画研究所 監督:豊岡定夫/2015/13分
                    2003年環境省の絶滅危惧種に指定された日本メダカ。

                    この日本メダカの受精から胚の形成、そして孵化するまでの生命が形作られる過程を、顕微鏡撮影で丹念に記録した作品。
                    2015年 文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞
                    2015年 キネマ旬報 文化映画ベスト・テン 第7位

                    こんな感想も〜

                    あなたは喜びをもって生きていますか?
                    あなたはその命が宿った時
                    どんなにあなたが躍動し
                    希望に満ちていたかを
                    知っていますか」と、
                    この映画のメダカの赤ちゃんから
                    問いかけられている気がしました。

                    | たえのは事務局 | 事務局より | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    EARTH VISION多摩 映画会「水と風と生きものと 〜中村桂子・生命誌を紡ぐ」
                    0

                      JUGEMテーマ:映画

                      2月25日パルテノン多摩で開催のEARTH VISION 多摩 映画会にて上映されます。多摩市での上映は初めて。
                      自然の中にある「いのちの音」に耳を傾けよう!中村桂子氏トークもお楽しみに。
                      入場無料、全席自由、出入り自由、途中の入れ替えなし。
                      映画会の詳細 ⇒ http://taenoha.com/ev

                      「水と風と生きものと 〜中村桂子・生命誌を紡ぐ」
                      監督:藤原道夫 / 2015 / 119分
                      中村桂子が旅をします。大阪、東京、そして東北へ
                      そこで、自然に目を向けて、大切なことを忘れずに暮らしている人々と語り合います。

                      中村桂子さんは、科学者であり、哲学者であり、何よりも生活者です。
                      毎朝、お陽様が昇るように、一日一日をきちんと生きる。
                      当り前だから難しい、今、いちばん大切な生き方が、ここにあります。

                      東日本大震災を経た今、「人間は生きものであり自然の一部」と語る中村のメッセージは、

                      科学や芸術の枠を超え、共感の輪を大きく広げています。
                      三月十一日の震災の後、宮沢賢治を読み直した中村は「生命誌版 セロ弾きのゴーシュ」の舞台化、

                      そして賢治の故郷である盛岡・花巻への旅をします。

                      科学者として、生活者として、生きものを見つめる中村の姿から、自然との関わりの中に「いのちの音」を

                      見出す賢治の生命観が浮かんできます。

                      | たえのは事務局 | 事務局より | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      <たえのは>メンバーは常時募集中デス♪

                      ☆<たえのは>からのお知らせ☆

                      「アースビジョン多摩」のボランティアスタッフ募集中!
                      企画・上映作品選定などから当日の運営まで、ご一緒に活動してくださるボランティアスタッフを募集しています。すばらしい機会と出会いを体験しましよう!
                      お問合せはこちらまで

                      映画と話そう@TAMA

                      ★映画と話そう@TAMA 実績
                      2017/12#15高橋愼二監督『破片のきらめき〜特別編』
                      2017/6#14安原伸監督『昭和九十年−栗林白岳かく戦えり−』
                      16/10/29#13宮本正樹監督『第九条』
                      16/9/24#12アン・ヘリョン(安海龍)監督
                      『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』
                      16/8/27#11石原貴洋監督『大阪蛇道』
                      16/7/30#10佐野和宏監督&寺脇研プロデューサー
                      『バット・オンリー・ラヴ』
                      16/6/25#9中田統一監督『大阪ストーリー』
                      16/5/28#8小森はるか+瀬尾夏美『波のした、土のうえ』
                      16/4/23#7石井那王貴監督&細沼孝之監督『特撮怪獣映画』
                      15/10/24#6『聖者たちの食卓』+カレー食事シェア会
                      15/9/26#5森田惠子監督『小さな町の小さな映画館』
                      15/1/24#4田中トシノリ監督『スーパーローカルヒーロー』
                      14/11/15#3早川由美子監督『さようならUR』
                      14/10/11#2小野さやか監督『アヒルの子』
                      14/9/13#1本田孝義監督『山陽西小学校ロック教室』


                      終了した企画
                      ★『うまれる ずっと、いっしょ。』 ↓クリック↓


                      チケットぴあ 映画のチケットならローチケ.com
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      映画になった戦慄の実話 vol.4
                      映画になった戦慄の実話 vol.4 (JUGEMレビュー »)
                      鉄人ノンフィクション編集部
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      海街diary (小学館文庫)
                      海街diary (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                      高瀬 ゆのか,吉田 秋生,是枝 裕和
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      愛を積むひと (小学館文庫)
                      愛を積むひと (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
                      豊田 美加,朝原 雄三,福田 卓郎
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
                      死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版 (JUGEMレビュー »)
                      スティーヴン・ジェイ シュナイダー
                              
                      + CATEGORIES
                      + PROFILE
                      + PR